検索:


2011年07月18日

世界の車窓から〜バリ島編〜スコールと海  バリ島 独特な文化と伝統が根付く島

世界の車窓から〜バリ島編〜スコールと海  バリ島 独特な文化と伝統が根付く島

【バリ島 独特な文化と伝統が根付く島】






「神々が凄む島」とも呼ばれるバリ島では、バリ土着の信仰とインド仏教やヒンドゥー教の習合によって成り立つバリ・ヒンドゥーと呼ばれる信仰を奉じている。





バリ・ヒンドゥー amazon トップ10





バリの慣習村(デサ・アダット)では、土地や祖先神への信仰が生きており、

人びとはデサ・アダットの土地を清浄に保ち、穢れを避ける義務を負っている。



またバリの人々の信仰は厚く、結婚式や葬式など頻繁に様々な儀式や祭りごとが

コミュニティを挙げて盛大におこなわれる。








【バリ島に伝わる伝統と文化】



神々が棲む島バリ島には信仰や歴史に基づく寺院・王宮・遺跡などが

多くあるだけでなく、自然が作り出した絶景や南国の海、伝統的に

作られてきた棚田、さらに伝統舞踊、伝統工芸など他には類を見ないような

様々な観光資源が存在している。




観光地化が進む中、そこに住む人たちにとって信仰や伝統の大切さは

今だ変わることはなく、それがこの独特な伝統と文化を持つ島を作っています。








【バリ島と銀細工】



伝統工芸が盛んなインドネシア・バリ島の中でも銀細工はたいへん盛んで、

確かな彫金技術を持つ職人が多くいることで知られています。



その職人たちがバリ島の伝統的模様と技術を駆使して作ったのがバリシルバーです。





posted by バリの兄貴fan at 03:00| Comment(0) | バリ島 探訪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

神様はバリにいる」の先頭へ